ローソンの「ココナッツ広がるパイナップルブレッド」を食べてみた 【菓子パン】

本日二品目のおやつは、ローソンの「ココナッツ広がるパイナップルブレッド」です。

ココナッツ広がるパイナップルブレッド ローソン パッケージ写真

昼時、「ウチカフェフラッペ ストロベリーチーズケーキ」を目当てに立ち寄ったお店のパンコーナーで、新商品を発見。

最近はコンビニに並ぶ菓子パンも種類が豊富になりましたが、「パイナップル」というのは、ちょっと珍しいと思って購入してみました。

値段は、税込み130円
公式サイトによると、昨日、2016年5月31日の発売です。

「ココナッツ広がるパイナップルブレッド」を実食

ということで、さっそく開封。

ココナッツ広がるパイナップルブレッド ローソン 商品写真

生地の表面にトッピングされているのはココナッツで、袋を開けると、甘い香りが感じられます。
なんとなく、菓子パンというよりは惣菜パンのような見た目。

せっかくなので、断面写真を。

ココナッツ広がるパイナップルブレッド 断面写真

生地自体にもココナッツオイルが使用されており、オレンジピールも加わって、ほのかな甘み。

そして、やはり特徴的なのは、生地に包まれたパイナップルではないでしょうか。
パイナップルはピールやクリームではなく、カットされた果肉が入っています。

生地の食感は柔らかく、ケーキほどのしっとり感はないものの、食べていると、フルーツの入ったパウンドケーキを彷彿とさせるものがありました。

ひょっとすると、「クリームパン」や「メロンパン」のような、いかにも菓子パンライクな品を想像すると期待外れになってしまうかもしれません。
たまに食べたくなるような、全体的に落ち着いた味の菓子パンです。

スポンサーリンク

  [ パン・ドーナツ ]