ローソンの「ウチカフェフラッペ ミックスフルーツ ヨーグルト入り」を食べてみた 【コンビニスイーツ】

本日のおやつは、ローソンの「ウチカフェフラッペ ミックスフルーツ ヨーグルト(殺菌)入り」です。

ウチカフェフラッペ ミックスフルーツ ヨーグルト(殺菌)入り ローソン パッケージ写真

先週に引き続き、「ウチカフェフラッペ」に新作が加わりました。

今回のフラッペは、フルーツとヨーグルトの組み合わせ。
商品名の「ヨーグルト(殺菌)入り」という表記も気になるところではないでしょうか。

値段は、税込み295円
公式サイトによると、本日、2016年6月7日です。

「ウチカフェフラッペ ミックスフルーツ ヨーグルト(殺菌)入り」を実食

ということで、加熱後、開封。

ちなみに、「ウチカフェフラッペ」は、LAWSONのオリジナルデザートブランド「UchiCafé SWEETS」のフローズンスイーツです。

パッケージに「レンジで食べごろ」と印刷されている通り、解凍せずに食べようとすると、固くてスプーンやストローが通らないかもしれません。

レンジ使用の目安として、「500w/30秒」の表記がありますが、この辺は、持ち帰る際の時間や、外の気温なども考えて調整した方が良いと思います。

筆者の経験上、持ち帰り時間が5分の場合、一般家庭の電子レンジで、解凍10~15秒というところでした。
とりあえず、「フラッペ」なので、溶かしすぎないようにご注意を。

お店によっては、購入時に「チンしますか?」と聞かれたりもしますが、すぐに食べないのであれば、店での温めは避けた方が無難です。

ウチカフェフラッペ ミックスフルーツ ヨーグルト入り ローソン 商品写真

フタを開けて最初に見えるのは、白いヨーグルトアイスと、トッピングのフルーツ。
果物のラインナップは、リンゴ、イチゴ、ブルーベリーの3種類です。

実際に食べてみると、アイスには酸味があり、むしろフルーツの方が甘く感じられました。
特にヨーグルトなら、プレーンヨーグルトにグラニュー糖を少し足した程度が好き、という方に合うかもしれません。

ウチカフェフラッペ ミックスフルーツ ヨーグルト入り

フラッペ本体は、ヨーグルトの「みぞれ」になっています。
ヨーグルト風味なので、当然といえば当然ではあるのですが、乳酸飲料のシャーベットといった味わいで、爽やかな後味。

そして容器の底部分に見える赤紫色の層は、甘酸っぱい「ミックスベリーソース」です。

商品名こそ「ヨーグルト入り」ではあるものの、やはり今回の主役は、ヨーグルトの方かもしれません。
フルーツの甘酸っぱさが加わって、うまく酸味のバランスが取れているイメージです。
 

これまでの「ウチカフェフラッペ」は、どちらかと言うと、フラッペにしては、しっかりとした味や甘さ、という印象でした。
今回の「ミックスフルーツ ヨーグルト入り」は全体的にしつこさがなく、蒸し暑い日にも適した一品だと思います。

苺が好きで、さっぱり系よりも甘い方が好み、という方には、先週発売となった「ウチカフェフラッペ ストロベリーチーズケーキ」、濃厚なチョコレート系なら「ウチカフェフラッペ チョコレートケーキ」もオススメです。

スポンサーリンク