ローソンの「ウチカフェフラッペ カシスオレンジ」を食べてみた 【コンビニスイーツ】

本日のおやつは、ローソンの「ウチカフェフラッペ カシスオレンジ」です。

ウチカフェフラッペ カシスオレンジ ローソン パッケージ写真

先週、「ストロベリーチーズケーキ」と「ミックスフルーツ ヨーグルト入り」がラインナップに加わった「ウチカフェフラッペ」、今週は、さらに3種類の新作が登場しました。

どれにしようか迷ったのですが、今回は、「カシスオレンジ」を購入することに。

ひょっとすると、この商品名を聞いて、定番のカクテルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
パッケージの写真からして、いかにも…な雰囲気ではあるのですが、もちろんアルコールは入っていません。

値段は、税込み240円
公式サイトによると、本日、2016年6月14日の発売です。

「ウチカフェフラッペ カシスオレンジ」を実食

ということで、加熱後、開封。

ウチカフェフラッペ カシスオレンジ ローソン 商品写真

何と言っても印象的なのが、フタを開けると最初に目に入る、輪切りのオレンジ。

アイス+オレンジの組み合わせは珍しくないにしても、この方式のトッピングは、ちょっとユニークに思えます。

ウチカフェフラッペ カシスオレンジ

容器の側面からは、フラッペがオレンジと赤紫の2色に分かれているのが見えますが、上層はオレンジシャーベット、下層はカシス(ブラックカラント)とブラッドオレンジ果汁の「みぞれ」という構成。

実際に食べてみると、シャーベットは、スライスされたオレンジの果肉と合わさって爽やかな味わいです。

そして、みぞれ部分からは、カシス特有の、あの甘い風味。
全体的に果物感が押し出されていて、蒸し暑い日に涼を得るには丁度よさそうな清涼感が感じられました。

チョコ、チーズなどの濃厚系よりも、さっぱりとしたフルーツのフレーバーが欲しい、という方にはオススメの一品です。
 

「ウチカフェフラッペ」は、「レンジで食べ頃」のフレーズが特徴的なフローズンスイーツですが、特に初めて購入する方は、解凍時間には気をつけた方が良いかもしれません。

柔らかさも好みによると思いますが、そもそもが「フラッペ」なので、溶かし過ぎにはご注意を。
購入後すぐに食べないのであれば、お店での温めは避けた方が無難です。

ちなみに、今週発売になった他のフレーバーは、「アサイーボール」と「チョコレート」の2種類。
後日、少なくともどちらか一方は試してみようと思います。

スポンサーリンク