セブンイレブンの「ふわっとろくりぃむわらび(黒蜜入り)」を食べてみた 【コンビニスイーツ】

本日のおやつは、セブンイレブンの「ふわっとろくりぃむわらび(黒蜜入り)」です。

ふわっとろくりぃむわらび(黒蜜入り) セブンイレブン パッケージ写真

「洋風仕立ての大福」というコンセプトのスイーツとしては、これまでも「もちとろ桃レアチーズ」や「もちとろ宇治抹茶」などが販売されていたのですが、このシリーズに新商品が登場しました。

今回は、クリームを使った「わらび餠」で、形状は「大福」。

値段は、税込み100円です。
公式サイトによると、昨日、2016年6月14日の発売となっていました。

「ふわっとろくりぃむわらび(黒蜜入り)」を実食

ということで、さっそく開封。

ふわっとろくりぃむわらび セブンイレブン 商品写真

なんというか、見た目的には地味な雰囲気。
円形のプラスチック容器から取り出して手に取ってみると、非常に柔らかな感触です。

生地の表面には、きな粉がまぶされているので、部屋で食べる際には、ちょっと気をつけた方がいいかもしれません。

せっかくなので、断面写真を。

ふわっとろくりぃむわらび(黒蜜入り)

パッケージのイメージイラスト通り、葛餅のような半透明の生地に、ホイップクリームと黒蜜が包まれています。

実際に食べてみると、中央の黒蜜が想像していた以上に濃厚。

せっかくの「洋風」アレンジなので、これが褒め言葉になるかは分かりませんが、口に入れた瞬間、間違いなく「わらび餅」であることが実感できる味と食感です。

存在感の強い黒蜜に、クリームの甘さも乗っかるといった印象で、両者の相性は悪くないように感じられました。

最近は、色々と凝ったコンビニスイーツが多くなりましたが、そんな中で税込100円のお値段も、良心的と言えるのではないでしょうか。

ひょっとすると、黒蜜+ホイップクリームの組み合わせで躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。
今回の「ふわっとろくりぃむわらび(黒蜜入り)」に関しては、先入観で敬遠してしまうには、もったいない一品だと思います。

スポンサーリンク