ローソンの「カステラケーキで巻いたロール」を食べてみた 【菓子パン】

本日二品目のおやつは、ローソンの「カステラケーキで巻いたロール」です。

カステラケーキで巻いたロール ローソン パッケージ写真

コンビニスイーツが好きな方であれば、ローソンで「ロールケーキ」と聞くと、「プレミアムロールケーキ」を連想するかもしれません。

ただし、今回購入したのは、パンコーナーに置かれていた商品。
公式サイト上でも「ベーカリー」に分類されています。

値段は、税込み140円
昨日、2016年6月21日発売の新商品です。

「カステラケーキで巻いたロール」を実食

ということで、さっそく開封。

カステラケーキで巻いたロール ローソン 商品写真

カステラ生地を使ってクリームを巻き込んだ、渦巻き型の形状です。

生地にはふんわりとした柔らかさがあるものの、駄菓子的なスカスカの軽いカステラではなく、意外にしっかりとした感触。

ひょっとすると、上の画像で気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、生地の外側と内側で微妙に色合いが異なっています。

カステラケーキで巻いたロール

実は、ふわふわ感のあるカステラ生地と、内側のしっとりした生地の2種類を使用しており、何気に渦巻きの方向も逆。

ホイップクリームには、ジャージー牛乳のカスタードが使用されているとのことで、実際に食べてみると、菓子パンにしては生っぽいというかコクのある味わいです。

カステラ + クリームということで甘いことは確かなものの、内側の生地やクリームのしっとり感のおかげか、それほどしつこさはありません。
 

コンビニスイーツのロールケーキは、クリームがメインという印象もありますが、今回の商品の主役は「生地」と言えるのではないでしょうか。

あくまで個人的な感想ではありますが、飲み物との組み合わせとしては、牛乳との相性が良さそうなロールケーキでした。

スポンサーリンク

  [ パン・ドーナツ ]