セブンイレブンの「ミルクロック」を食べてみた 【菓子パン】

本日二品目のおやつは、セブンイレブンの「ミルクロック」です。

ミルクロック セブンイレブン パッケージ写真

公式サイトによると、本日、2016年6月28日発売…ではあるのですが、完全な「新商品」という訳でもありません。

セブンイレブンでは以前から販売されていた菓子パンなので、ひょっとすると、見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

値段は、税込み138円です。

「ミルクロック」を実食

ということで、さっそく開封。

ミルクロック セブンイレブン 商品写真

なんというか、ゴツゴツとした感じのユニークな形状です。

サイズ的には、10〜12cmといったところでしょうか。
表面には、粉糖がふられています。

せっかくなので、断面写真を。

ミルクロック 断面写真

切ってから気がついたのですが、このパン、生地が上下で分かれていて、それをサンドした状態になっていました。

生地の中央に挟み込まれているのは、ホイップクリームとカスタードクリーム。

筆者は、商品名の「ロック」の響きから、なんとなく硬そうな先入観を持ってしまったのですが、全くそんなことはありません。
肉厚に見える生地は、シュー生地を使用していて、ふんわりとした食感です。

ホイップとカスタードクリームに、生地自体の ほのかな甘さも加わって、意外にしっかりした味わいが感じられました。

なんとなく生地の柔らかな菓子パンが食べたい時や、クリームパンが好きな方にはオススメの一品です。

スポンサーリンク