ファミマの「グラデーションゼリー 桃のジュレとチーズボール」を食べてみた 【コンビニスイーツ】

本日のおやつは、ファミリーマートの「グラデーションゼリー 桃のジュレとチーズボール」です。

グラデーションゼリー 桃のジュレとチーズボール ファミリーマート パッケージ写真

筆者は当初、先日の「メロンパフェ」に続いて、「珈琲&ミルクパフェ」を購入しようとファミマに向かったのですが…スイーツコーナーで、また新たなカップスイーツが並んでいるのを発見。

涼しげな見た目の「グラデーション」に惹かれたこともあり、今回はこちらのゼリーを選ぶことにしました。

値段は、税込み220円
公式サイトによると、本日、2016年7月1日発売の新商品です。

「グラデーションゼリー 桃のジュレとチーズボール」を実食

ということで、さっそく開封。

グラデーションゼリー 桃のジュレとチーズボール ファミマ 商品写真

フタを開けると、国産白桃果汁を使用したピンク色のゼリーと、その中央に何やら白いものが見えています。

この種のスイーツの場合、ホイップクリームやムースなどが思い浮かびますが、今回、中に入っていたのは、「チーズボール」でした。

グラデーションゼリー 桃のジュレとチーズボール

複数の色合いで綺麗に仕上げたゼリーを、「グラデーションゼリー」と呼ぶことがあるそうで、容器を側面から見てみると、確かに、桃とチーズで、ピンク→白→ピンクと色が変わっています。

実際に食べてみると、果肉は入っていないものの、思った以上に白桃の風味が濃くて甘い味わい。
ゼリーは細かく砕いた感じの、柔らかい食感になっています。

チーズの方もゼラチン風の質感で、ほのかな甘さ。
 

そして今回、良い意味で意外だったのは、「レモンゼリー」の存在でした。
実は、桃ゼリーの下には透明なゼリーの層があり、これがレモン風味になっています。

桃とチーズの甘味に、さっぱりとしたレモンの酸味が組み合わさって、透明感のある爽やかな後味。

スイーツで「甘酸っぱい」というと、たいていは8:2程度の割合で甘さが勝っているような気がしますが、今回は半々といっても良いくらい、レモンが印象的でした。

なぜ商品名を「桃とレモンのジュレ」にしなかったのかが、不思議でなりません。
 

ちなみに、ゼリーには「シールド乳酸菌M-1」が配合されているとのこと。
免疫力を高める…と言われているようですが、正直なところ、味としては良く分かりませんでした。

単に甘いだけではない、爽やかなスイーツが食べたい時には、今回の「グラデーションゼリー」がオススメです。

スポンサーリンク