ローソンの「グァバのパンナコッタ」を食べてみた 【コンビニスイーツ】

本日のおやつは、ローソンの「グァバのパンナコッタ」です。

グァバのパンナコッタ ローソン パッケージ写真

LAWSONオリジナルデザートブランド「UchiCaféSWEETS」のロゴが入ったシールが貼られた新商品。

グァバのピューレを使用した、見た目も涼しげなカップスイーツです。

値段は、税込み245円
公式サイトによると、一昨日、2016年7月19日の発売となっていました。

「グァバのパンナコッタ」を実食

ということで、さっそく開封。

グァバのパンナコッタ ローソン 商品写真

色合い的に、グァバの「ピンク」とパンナコッタの「白」の組み合わせに目が行きますが、一番上に透明なゼリーが重ねられた三層構造になっています。

この種のスイーツの透明部分は、たいていオマケのような扱いになっている気がしますが、今回は、アロエの果肉がトッピングされていました。

グァバのパンナコッタ

透明ゼリーはクラッシュゼリーのような細かく砕かれた状態で、実際に食べてみると、それにアロエも加わって面白い食感です。

そして、グァバゼリーはフルーツの甘味の中にほのかな酸味が。
最初に口に入れた時には、透明ゼリーも含めて甘さの方が強い印象でした。

が、北海道産のクリームを使用したパンナコッタが意外にしっかりとした味わいになっているので、食べているうちに、ゼリーの爽やかさが際立つようになります。

果物とクリームを組み合わせた甘酸っぱさが感じられる、さっぱりとした後味。
蒸し暑い日に合いそうな、清涼感のある一品でした。

スポンサーリンク