ファミマの「抹茶あずきのジュレ」を食べてみた 【コンビニスイーツ】

本日のおやつは、ファミリーマートの「抹茶あずきのジュレ」です。

img_cs_008_1

このところ、本当に抹茶系スイーツが増えてきましたね。

コンビニも、毎週少なくとも一社は、抹茶を使用した新商品を出しているような状況ではないでしょうか。

そして今回は、ファミマから。
抹茶+あんこ+白玉という、白玉抹茶ぜんざいの組み合わせに見えますが、なんと「ジュレ」できました。

値段は、税込み278円
公式サイトによると、本日、2016年4月26日の発売です。

「抹茶あずきのジュレ」を実食

ということで、さっそく開封。

img_cs_008_2

フタを開けると、二つの白玉に、角切り抹茶ゼリーの層が見えます。
この抹茶は、京都府産の宇治抹茶使用とのこと。

その下には、こしあんゼリー+粒あんの層が広がり、それぞれの隙間が、流動状の透明ゼリーで満たされていました。

下の写真は側面から見た状態ですが、非常に渋い色合いです。

img_cs_008_3

白玉、あんゼリー、透明ゼリーの甘さの中で、抹茶味がアクセントになっており、それぞれのゼリーは食感も異なります。

そして、個人的に意外だったのが、こしあんゼリーの濃さ。

筆者は当初、水羊羹のような感触を予想していたのですが、粒あんの効果もあってか、味・口触りともに、割としっかりした「あんこ」の風味が感じられました。

甘みも強いので、「あんこ」の印象が「抹茶」を上回ってしまう可能性もありますが、逆に言うと、こしあん+粒あんメインでも楽しめそうです。
 

ひょっとすると、あんこ系は甘くて食べると喉が渇く…というイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

が、今回の商品は流石に「ジュレ」だけあって、初夏を思わせる気温の中でも食べやすい瑞々しさになっていました。

変化球と思わせながら、実際に食べてみると内容のしっかりした、面白い一品だと思います。
ファミマのスイーツは、最近「攻めている」印象なので、今後も期待したいところです。

スポンサーリンク